2011年05月27日

ただ今の開催は『和うるしの器展』

日本でも貴重になった、国産漆の表情の豊かさや楽しさを多くの方に知っていただきたいと日々願いながら、ものづくりをしている、松本和明さん、宮崎佐和子さんご夫婦。

今回5回目になる展覧会です。

2011  5  和うるし器展 001.jpg2011  5  和うるし器展 007.jpg


2011  5  和うるし器展 012.jpg2011  5  和うるし器展 015.jpg


日常に 特別な日に 漆の器は楽しめます。
国産の漆はとれる場所や季節によってもいろんな表情があるようです。貴方の好きな漆の器探してみませんか。

また 宮崎さんの『うるし絵』も好評です。とても可愛いすずめ達をご覧くださいね。

2011  5  和うるし器展 016.jpg2011  5  和うるし器展 017.jpg



展覧会は29日 日曜日 午後4時まで。

和うるし工房 公式サイト http://www.waurusi.com/
ブ ロ グ http://waurusi.sblo.jp/


posted by テトラ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

ただ今の開催は『イーハトーヴの空へ 戸田あつこ 作陶展』

岡山市出身、現在東京在住の戸田さんの2年ぶりの展覧会を開催中です。

以前からあたためていた『イーハトーヴ』宮澤賢治ファンならではの素敵な理想郷を独自の感覚で制作してみました。

2011  5   戸田あつこ 作陶展 002.jpg2011  5   戸田あつこ 作陶展 010.jpg


2011  5   戸田あつこ 作陶展 006.jpg2011  5   戸田あつこ 作陶展 020.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)戸田あつこプロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

山陽女子高校卒業。備前陶芸センターで陶芸の基礎を学んだ後、金重道明氏に師事。
芦屋滴翠美術館での研修を経て、83年12月に青花窯を開く。
99年に創作の場を東京へ移し、以降毎年岡山と東京での作品展を開催している。



会期中は作家在廊です。
23日 月曜日 午後4時まで

※お母様の手作りお洋服も好評です。
posted by テトラ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

ただ今の開催は『冨山義司 油絵展』

今日は爽やかな でも風の強い1日です。

ただ今の開催は岡山県玉野市在住の 冨山義司さんの作品展です。

退職してから始められた油絵も10年、一つのくぎりに個展を開催しました。

2011  5   冨山義司 油絵展 002.jpg2011  5   冨山義司 油絵展 006.jpg



静物やヨーロッパの風景など25点が並んでいます。
色、構図もとても素敵ですよ。。。。。



2011  5   冨山義司 油絵展 007.jpg2011  5   冨山義司 油絵展 009.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)冨山義司 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


1941 大阪で生まれる
1964 大阪市立大学工学部卒業
造船・重機メーカーに勤務
2001 退職、立花 博に師事
2005 岡山県展初出品、以降5回入選,奨励賞2回
2007 白日展初出品、以降3回入選



16日月曜日 午後4時まで開催     是非 お運びください。。。。。
posted by テトラ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

ただ今の開催は『芦田宏平 静物画展』―油彩―

今日は岡山も晴れ  気持ちの良い初夏の風……!

ただ今の開催は テトラヘドロンで初個展の芦田宏平さんの油彩展です。

すべて静物画で、構図や色かげんが心地よい…気持ちが優しくなれる展覧会です。

ご本人は最終日以外は在廊してます。

是非 芦田さんに逢ってみてくださいね。

2011  5   芦田宏平 静物画展 003.jpg2011  5   芦田宏平 静物画展 008.jpg2011  5   芦田宏平 静物画展 011.jpg2011  5   芦田宏平 静物画展 019.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)芦田宏平 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1980 岡山県生まれ
2004 倉敷芸術科学大学 芸術学部 美術学科卒業
2009 白日会展 初入選
現在   白日会岡山支部所属


5月9日 月曜日 午後4時まで 開催中。。。。
posted by テトラ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

いよいよ明日までとなりました『ベンジャミン サスエタ ロドリゲス×大林直治 二人展』

ただ今の開催は メキシコ出身、倉敷在住のガラスアーティスト ベンジャミンさんと広告写真家 大林直治さんの 二人展を開催中です。

ベンジャミンさんの作品は、ボロシリケイト(耐熱ガラス)を使った作品、アクセサリーやコップ、ガラスペン、パイプなど色も鮮やかで巧みな作品作りをしています。


2011  4   ベンジャミン・サスエタ・ロドリゲス&大林直治 二人展 008.jpg2011  4   ベンジャミン・サスエタ・ロドリゲス&大林直治 二人展 013.jpg2011  4   ベンジャミン・サスエタ・ロドリゲス&大林直治 二人展 004.jpg2011  4   ベンジャミン・サスエタ・ロドリゲス&大林直治 二人展 029.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ベンジャミン サスエタ ロドリゲス プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1979 メキシコ シナロア州に生まれる
2002.12 『Gathering Glass』San Diego,CA,U.S.A.にて技術を習得。
2005.04 来日。『Ben's GlassG Designs』を設立。
04〜 毎年、アイビースクエアー『ガラスの景色』に出展。
2006.04〜 毎年、自宅イベントを始める。
12 『蔵式―regenartion 再・構・築』に出展。
2007.09〜 毎秋、自宅にて『秋のガラス展』を始める。
2008.07 『蔵式―rebirth 再生』に出展。
11〜 毎年、assimoのイベントに出展。
2009.12 『蔵式―111匹の龍の末裔』に出展。
2010.01〜 『Fint』/倉敷にて出展。
   02 『美しくしつらえる』/岡山 Art garden 企画展に参加。
   03 『Benjamin Zazueta Rodriguez ×大林直治 創作展』Gallery くるり/倉敷 児島にて二人展を開催。
   04 『たけはら国際アート展2010』広島に出展。
   08 『5人夏色アート展』/岡山 テトラヘドロンにて出展。
   09 『Benjamin Zazueta Rodriguez ×大林直治 二人展』ギャラリーCASA/広島にて開催。
   10 『竹灯りアート展』/広島 竹原市にて出展。
   12 『ガラスのクリスマス』/岡山 湯郷にて出展。




2011  4   ベンジャミン・サスエタ・ロドリゲス&大林直治 二人展 005.jpg2011  4   ベンジャミン・サスエタ・ロドリゲス&大林直治 二人展 019.jpg2011  4   ベンジャミン・サスエタ・ロドリゲス&大林直治 二人展 006.jpg2011  4   ベンジャミン・サスエタ・ロドリゲス&大林直治 二人展 021.jpg






ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)大林直治 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1975 岡山に生まれる
1995 コマーシャルスタジオ入社。経験と実績を積む。
2004.04 岡山市福田に撮影スタジオ『assimo photo office』設立。
2007.12 岡山市北区田中にスタジオ移転。
2008〜 毎秋、assimoにてイベントを開催、写真展を行う。
2010.03 『Benjamin Zazueta Rodriguez ×大林直治 創作展』Gallery くるり/倉敷 児島にて二人展を開催。
09 『Benjamin Zazueta Rodriguez ×大林直治 二人展』ギャラリーCASA/広島にて開催。
12 『第4回岡山広告温泉2010』に出展。 その他部門 2位


明日 4時で終了です。お早めにお越しくださいね。

posted by テトラ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

ただ今の開催は『瀬辺佳子 彫刻展』

千葉県在住の瀬辺さんの展覧会 開催中です。ユニークで今にでも動き出しそうな迫力ある作品16点が並んでいます。
岡山での開催は3年ぶり2回目、テトラヘドロンでは初個展。

2011 4  瀬辺佳子 彫刻展 007.jpg2011 4  瀬辺佳子 彫刻展 008.jpg

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)瀬辺佳子 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1968 東京芸術大学彫刻家卒業
1970 同大学院卒業
1971 新制作展出品
後現在にいたるまで毎年出品
1976 グループ展「伍の会」(文芸春秋画廊)〜1985
1985 個展(ぎゃらりーあい)
1989 「歩会(あゆみかい)」出品(千葉県立美術館)
以降現在にいたるまで毎年出品
1990 個展(ギャラリー創)
1992 新制作展 新作家賞受賞
1993 彫刻新鋭展‘93(ギャラリーせいほう)
1998 個展(みゆき画廊)
2001 個展(セッション・ハウス)
2002 個展(アートホール)
2003 新制作展 新作家賞受賞
      彫刻新鋭展(ギャラリーせいほう)
         新制作展会員推挙 同会員となる
         文化庁選抜展出品
2004 個展(ギャラリー141)
      小林裕児・瀬辺佳子二人展(ギャラリー香月)
2005 個展(ギャラリー・イン・ザ・ブルー)
UW-GreenBay West Bend Art Museum 出品
2006 個展(大阪新居画廊)
      個展(東京画廊るたん)
2007 個展(ギャラリー椿GT2)
2008 個展(ガレリア プント)   現在新制作協会会員
2009 個展(ギャラリー椿)  二人展(ガレリアクラマー)
2010 個展(ギャラリーオカベ)


パブリックコレクション

千葉県八日市場市〔人の柱〕    福島県会津町「tree-woman」
千葉県山田町「前町長の像」    兵庫県神戸市「NAO」千葉県大栄え町



2011 4  瀬辺佳子 彫刻展 011.jpg2011 4  瀬辺佳子 彫刻展 012.jpg
2011 4  瀬辺佳子 彫刻展 003.jpg



瀬辺佳子 彫刻展は9日(土)まで開催中。期間中お休み無し。
作家 瀬辺さんは期間中在廊。   
是非 瀬辺さんに逢いに来てくださいね。
posted by テトラ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

大変ご無沙汰してました!

お正月以来となってしまいました。皆さまお代わりございませんか。

私事もいろいろありましてやっと、復活です。どうぞあらためてよろしくお願いします。

展覧会の今までの写真は撮ってますので随時 ブログで紹介しますね。


今日からの展覧会は4年ぶりの『小田光治 萩作陶展』です。

萩の土はあたたかいホッとする感覚があります。その中に現代の色やデザインを展開する 小田光治さん。

テトラヘドロンの楽天ショップでは小田さんのコーヒカップ&ソーサーを紹介しています。

今回は花器、食器(小鉢・大鉢・茶碗・飯碗・小皿・中皿・大皿・湯呑み・カップ&ソーサー・カップなどなど)およそ300点を展示 販売しています。

お気に入りの萩焼がみつかりますよ。

2011 3  小田光治 萩作陶展 010.jpg2011 3  小田光治 萩作陶展 020.jpg2011 3  小田光治 萩作陶展 016.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)小田光治プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)


1953 千葉市に生まれる
1976 東京工芸大学卒業
1080 吉賀大眉陶房にて修業する
1986 萩市平安古にて独立する
1987 萩女子短期大学陶芸コース講師になる〜2000
1990 千葉ギャラリー呂久呂で個展(90〜2010)
1990 東京日本橋高島屋クリエイティブ工房で個展(’90〜2010)
1992 山口県萩市明木洗谷に築窯
1993 山口県美術展入賞佳作賞
1994 横浜そごうで個展
1995 広島和楽堂で個展(’96〜2004)
1995 東京日本橋高島屋グループ展
2001 日本国萩市招請朝日陶芸作品交流展出品(韓国)
2002 萩陶芸家協会選抜展(東京日本橋三越)
2003 萩陶芸家協会選抜展(世田谷美術館)
2007 テトラヘドロン個展(岡山)
2008 萩・韓国現代陶芸交流展   
2009 現代陶芸薩長連合展

現在 萩陶芸家協会理事



3月27日 日曜日まで開催中    お運びください。
posted by テトラ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

明けましておめでとうございます

2011年スタートしましたexclamation皆さま 楽しいお正月を迎えられた事と思います。

テトラヘドロンも4日からスタートー(長音記号2)ー(長音記号2)『第17回アートオークション』を開催中です。

一般のお客様から それぞれの家庭にあるアート 絵画 焼き物 書 置物などなどバラエティに富んだ作品がおよそ350点並びました。

2011 1  第17回 アートオークション 001.jpg2011 1  第17回 アートオークション 004.jpg2011 1  第17回 アートオークション 007.jpg


今回は 人間国宝   備前焼 金重陶陽・藤原 啓・山本陶秀・  浜田庄司 中里太郎右衛門やミロ・カシニョール・アイズピリ・ダリなどなど国内外の作品がいっぱいです。。。。。

前回から即決価格も設定した作品もあります。10日午後5時前に決まりつつある作品も増えてきました。

通常のお値段の半分から 十分の一以下のスタート価格もたくさんあります。是非底値で落としましょうexclamation×2


2011 1  第17回 アートオークション 006.jpg2011 1  第17回 アートオークション 019.jpg


るんるんるんるんるんるん最終落札は1月10日 午後5時るんるんるんるんるんるん

探していたアートがお値打ち価格で見つかるはずexclamation
是非 お運びくださいね。。。。。  
posted by テトラ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

いよいよ本日までとなりました『佐藤定 油彩展』

今日は久々の雨先週はいっきに寒さが復活exclamation×2にもかかわらず 多くの方がご来店いただきました。。。。。

今回は賛助、招待作品として 柚木平吉さん、渡邊ももこさん親子の彫刻作品も参加exclamation×2楽しい展覧会となりました。

佐藤さんの作品は 渋めの独特の色使い、モチーフでファンを大いに納得させる作品ばかり。。。
今回は備中神楽や風景 珍しいところでは船の作品はテトラでは初公開。。。。。
2010 12   佐藤定 油彩展 011.jpg2010 12   佐藤定 油彩展 014.jpg2010 12   佐藤定 油彩展 014.jpg



柚木さん、渡邊さんの作品はこちらるんるんるんるんるんるん2010 12   佐藤定 油彩展 024.jpg2010 12   佐藤定 油彩展 018.jpg2010 12   佐藤定 油彩展 019.jpg


とっても場を和ませてくれる ユニークな作品です。。。。

また 昨日と今日は紙芝居もありました。彫刻家の柚木さんが紙芝居やさんに変身exclamation×2
飴も手作りで お客さまに配って飴をなめながら 昔を懐かしむ紙芝居でしたるんるんるんるんるんるん
2本立ての『泣いた赤鬼』と『寒の風』    来年もこうご期待exclamation×2
2010 12   佐藤定 油彩展 004.jpg


posted by テトラ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

第4週目がスタートしました!

20周年記念吉備高原学園高等学校OB・OG展も最終週 4週目に入りました。

最後を飾るのは  ガラス/石田 彩さん    備前/松島 健治さん

繊細なガラスとダイナミックな備前焼との展覧会です。2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 001.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 003.jpg


まずは 石田 彩さんの作品からご紹介しましょう。。。。。

石田さんの作品は厚めに吹いたガラスを削り込んでいく大変時間のかかる作業工程です。

2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 018.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 017.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 023.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)石田 彩 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1999 倉敷芸術科学大学芸術学部ガラスコース卒業
     「ガラス工芸ー歴史と現在ー」岡山市オリエント美術館
     「古代ガラスの技と美」瀬戸市新世紀工芸館(愛知県)古代オリエント博物館(東京・池袋)
2001 「ガラス工芸―歴史と現在―」岡山市オリエント美術館
2002 グループ展 工房IKUKO(倉敷)’06.’08
2003 第16回国際ガラス史学会参加(LONDON,UK)
2004 個展ギャラリーやぶき(岡山市’06,’08’,’10)
2005 個展工房IKUKO’07,’09
2007 Sasanian Cut Bowlの複製制作(大英博物館、UK)
2009 個展ギャラリー田中(東京・銀座)
     グループ展ギャラリー天心(兵庫県)
2010 2人展ギャラリー田中(東京・銀座)



続いて松島さんの作品。
松島さんは 備前と長船町の土にこだわって制作。大胆にも使いやすく、口や底など細やかな配慮が優しさを感じます。

2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 007.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 004.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 010.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)松島 健治 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

2002 倉敷芸術科学大学芸術学部陶芸コース卒業
千葉県の土の研究員として行く
2004 東京・池袋にて個展
2005 岡山県にて備前焼を修行
2006 作業場を瀬戸内市長船町に移す
2007 岡山県展入選



20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展も今月29日(月)午後4時で修了

長かったような短かったような1週・1週奥深い思い出に残る展覧会です。
まだご覧になっていない方 是非吉備高の卒業生のエネルギーを感じてください。。。。。

また 数年後の作品を見てみたいテトラでしたるんるん




posted by テトラ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

3週目に入りました『20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展』

<早いもので、3週目に入ってしまいました。『20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展』

今回は』part3ということで『備前・瀧川卓馬さん & 陶器・石川親也さん』2期生の展覧会です。



2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 020.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 026.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 005.jpg


今週も個性溢れる展覧会になってますよ。



まずは瀧川さんの作品紹介。。。。。

備前焼でも細工物と言われる作品が得意な瀧川さん。その中に個性が光りますね。。。。。

2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 003.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 013.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 015.jpg


最初の写真の猫の水滴も瀧川さんの作品です。ドクロはちなみにぐい呑み&箸置きに分かれるのであります。   なかなか面白い作品を作っている瀧川さん。次の作品が楽しみです。


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)瀧川卓馬プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1977 神戸市に生まれる
1995 吉備高原学園高校卒業
1999 倉敷芸術科学大学卒業
2002 備前焼作家 島村光先生に師事






次は 石川親也さんの紹介。

石川さんは備前焼と違って釉薬物 織部や灰釉を使った作品を展示しています。織部の色は綺麗ですね。また 大皿の絵付けは勿論 本人の作。
釣り大好きの石川さんは、作品を魚拓ではなく捕った魚を絵に描いてしまうユニークな大皿がならんでますよ。

2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 024.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 023.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 019.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)石川親也プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1999 倉敷芸術科学大学芸術学部児島塊太郎研究室卒業
     児島塊太郎先生に師事
2001 同大学院修了
2002 同大学院研究室修了
天親窯を築く
2003 加計美術館第2回倉敷芸術科学大学芸術学部卒業生展「young oh!oh!」に出展
2006 五日市福屋にて個展
2008 陶志会を結成、加計美術館「陶志会展」
2009 第63回姫路市美術展姫路市文化振興財団賞受賞




瀧川さんは毎日3時まで、最終日は不在。

石川さんは21日(日)22日(月)在廊    時間は確認してください。

(086-223-3155 当ギャラリー)

展覧会は22日(月)午後4時まで……exclamation





 
posted by テトラ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ただ今の開催は『20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展 Part2』

吉備高原学園高等学校 20周年記念行事として開催されている OB・OG展も2週目に入り 2週目後2日exclamation×2
今回のメンバーは   陶器/境 道一さん &  備前/大石橋 宏樹さん


どちらも1期生で思い出深いお話が聞こえてますexclamation×2仲間達がやってくるexclamation×2先生、ご父兄 在校生などなど なんと濃〜い、密度ある学校かと嬉しく思います。。。。。


まずは作品紹介‥‥全体イメージから‥‥‥るんるんるんるんるんるん2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 001.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 024.jpg


今回 元PTA会長の奥様(テーブルコーディネーター)から素敵に演出していただいて 秋の風情一杯の展開になってます。



陶器/境 道一さんの作品

2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 014.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 015.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 033.jpg


今は長野県須坂市に窯を築いて頑張ってます。焼き締め、釉薬物などバラエティに富んだ釉薬、造形は見る人を楽しませてくれます。


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)境 道一 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


1975 長野県に生まれる
1993 岡山県備前陶芸センター入学
1994 同校卒業
     備前焼作家 正宗悟先生に師事
1997 長野県須坂市に穴窯築窯
     以降、県内外にて個展・グループ展を中心に作陶




大石橋 宏樹さんの作品るんるんるんるんるんるん

2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 021.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 020.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 005.jpg

現在 備前に窯を築き、頑張ってます。。。。備前焼ならではの焼き締めの世界、炎の芸術作品をじっくりご覧いただきたいと思います。


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)大石橋 宏樹プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


1973 東京都に生まれる
1994 吉備高原学園高校卒業
1998 帝京大学法学部卒業
同年(故)藤原雄先生、和先生入門
2009 独立、築窯
     天満屋岡山店にて初個展
     現在、備前陶心会会員
     吉備高原学園高校非常勤講師
     啓明学院中・高等学校陶芸講師


いよいよ明日までとなりました 第2週目  境さん、大石橋さんは会期中在廊   
エネルギッシュなお二人に会いにきてくださいね。

15日(月)午後4時まで開催るんるんるんるんるんるん




posted by テトラ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

ただ今の開催は 創立20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展 

この度 テトラヘドロンは4週間に渡り 岡山にある吉備高原学園高等学校の卒業生 OB・OG展を開催してます。

第1週目は 明日9日迄ですが 備前・鯉淵亮太 &  木工芸・土本恭義  2人の作品展を開催してます。

吉備高原学園高校は 全国から集まってくる高校で男女共学の全寮制の高校です。現在は陶芸デザインコース・生活デザインコース・情報システムコース・クラフトデザインコース・健康スポーツコース・福祉ボランティアコース・緑化システムコース・インターナショナルコース・(新設)キャリアデザインコースと9つのコースがあり、それぞれの分野で勉強し、専門や大学に進み、プロとして活躍している卒業生がたくさんいます。


今回は20周年記念として8名の作家を4周にわたり紹介。。。。。
2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 002.jpg2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 020.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)鯉淵亮太プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)
1975 千葉県に生まれる
1991 吉備高原学園高等学校 陶芸コースに入学
特別講師(故)藤原雄先生長男藤原和先生の工房にて窯焚き等研修参加
1994 人間国宝(故)藤原雄先生・藤原和先生に師事
1年間住み込み勉強
1995 倉敷芸術科学大学芸術学部陶芸科入学
1999 備前陶芸南燦窯入社
2010 現在に至る

2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 012.jpg2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 014.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)土本恭義プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1976 福井県に生まれる
1994 吉備高原学園高等学校卒業
1997 香川県漆芸研究所卒業
家業の伝統木工芸組子指物の修行を始める
福井県総合美術展入選(漆芸)
1998 福井県総合美術展知事賞受賞(漆芸)
1999 福井県総合美術展県文化協議会賞受賞(漆芸)
2010 石川の伝統工芸展入選(木工芸)


2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 004.jpg2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 007.jpg



2人の展覧会はいよいよ明日までですが、この後も6人続いていきます。
お楽しみにるんるんるんるんるんるん
posted by テトラ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ただ今の開催は『丸山司b 38展』

今日は朝から曇り空。。。。午後から天気も回復exclamation×2

今週は久々の丸山先生の展覧会を開催中です。さてさて38展exclamation×2何を意味するのか 不思議なタイトルに興味津々のお客様exclamation×2
見て納得の展覧会です。ちなみに作品点数は26点&大作1点。

丸山先生のお元気な姿は私たちにも元気を与えてくださいます。。。。。


作品はとてもリアルな油彩画、案内状の作品の猫(マリンちゃん)はほとんどのお客様は猫の写真展かな〜と思って来られる人も多いexclamation×2

IMG.jpg


どの作品もため息がでるほど繊細で鮮やかな作品ばかりるんるんるんるんるんるん

2010 10  丸山司こう 38展 007.jpg2010 10  丸山司こう 38展 008.jpg2010 10  丸山司こう 38展 009.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)丸山司bプロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1948 東光展初入選、岡山県美術展初入選   労働文化展労文協賞
1949 産業文化博美術展特選
1950 東光展奨励賞、日展初入選 以後5回入選
1951 東光会会友、県展山陽新聞社賞 以後2回
1954 東光会会員となる
1963 岡山天満屋にて個展 以後30回
1964 東光会委員となる
1969 独立美術協会展初入選  以後毎年入選
1971 岡山現代美術展出品
1972 独立美術協会会友となる
1974 独立選抜展出品
1976 銀座サエグサ画廊にて個展8回目   独立美術協会展藤岡賞受賞
1977 岡山県美術展招待となる
1984 倉敷三越にて個展   以後20回
1985 『岡山のむかしばなし』さし絵執筆
     美術文化協会展初入選佳作賞
1986 幻想のイメージ展出品、美術文化関西展大阪府知事賞
     美術文化協会展新人賞、準会員
1987 美術文化協会展奨励賞、日本美術選賞
美術文化関西展大阪教育長賞
1988 岡山県郷土作家現代美術総合展出品
1989 美術文化協会展美術文化賞
安田火災美術財団奨励賞、美術文化関西展大阪府知事賞
1990 文化庁第23回現代美術選抜展出品
岡山の美術、現代作家の眼展出品
1993 ジャスト・ナウ93詩画展出品
1994 芸術公論グランプリ
1995 詩画展 なにかが起こる・95出品
1996 岡山県現代洋画選抜展出品
1997 岡山城築城400年記念コンテスト洋画部門審査委員
1998 アートウェーブ岡山洋画選抜展出品
1999 倉敷市文化連盟賞受賞
2001 倉敷市文化章受賞
2007 岡山天満屋にて、60周年記念展

現在  日本美術家連盟会員  岡山県美術展審査員



丸山先生 在廊日は 22日・24日・25日

展覧会は25日 月曜日 午後4時まで    お待ちしています。。。。。


     
posted by テトラ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

ただ今の開催は『中島淳一 個展』!

晴れ続いてますね。。。。。絶好の行楽、ドライブ日和ですが、芸術のアートの秋でもあります。。。。。

岡山は今年は国民文化祭主催の県exclamation×2これから 盛りだくさんのイベントが県内続々、続きま
すよ。。。。。

テトラヘドロン ただ今の開催は 今回19回目を迎えました 『中島淳一 個展』

前日の12日(火)にはギャラリーで 中島さんが演じる『独り芝居 ―ナザレのイエス―』を公演。。。。。

大好評の内に演技は修了exclamation×2とてもシリアスなお芝居でした。

そして ワインパーティるんるんと続くexclamation×2完全終了時間は 午前様の1時30分ふらふら長〜い1日の修了でした。。。。。

でも お陰様で 中島淳一ファンがお芝居を楽しみにるんるんまた ご夫妻との会話を楽しんでいただけることが、主催者として 最高の幸せるんるんるんるん


また 来年のお芝居 こうご期待ですexclamation×2


作品の紹介もしなくてはダッシュ(走り出すさま)

2010 10  中島淳一 個展 002.jpg2010 10  中島淳一 個展 007.jpg2010 10  中島淳一 個展 018.jpg



今回は 案内状の作品 『ROSES』30号の作品は『2010カンヌ国際栄誉グランプリ』で銀賞を受賞exclamation×2中央に展示してます。


展覧会は17日 日曜日 午後4時までるんるんるんるんるんるん


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)中島淳一プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)

劇団エーテル主宰・画家

1975〜76年、米国ベイラー大学に留学中に英詩を書き、絵を描き始める。

ホアン・ミロ国際コンクール、ル・サロン展などに入選。日仏現代美術展、クリティック賞(1982)、ピブリオティック・デ・ザール賞(1983)。
スペイン美術賞展、優秀賞(1983)。フェレンツェ芸術祭展、地中海芸術賞(1996)。
パリ・マレ芸術文化褒賞(1997)。ARTEC・カンヌ、欧日芸術振興賞。アートブランドエクイティ大賞。フェレンツェ美の奇跡展、リッカルド・アマディ芸術大賞(1997)。ブリアン・デュ・ソレイユ賞(1998)。日伊文化親善金華褒賞。)ベルサイユ祭、アーティスト賞、ベルサイユ市芸術名誉市民(1998)。日仏現代美術博、フランス芸術学士院理事長認定作家メダリスト。国際芸術交流展神戸、CEPAL(ヨーロッパ芸術文化振興協会)金賞(2010)。カンヌ国際栄誉グランプリ銀賞(2010)。

詩集「愁夢」英詩集「ALPHA&OMEGA」小説に「卑弥呼」「木曜日の静かな接吻」エッセイ集に「夢は本当の自分に出会う日の未来の記憶である」がある。

1986年より脚本・主演のひとり芝居を上演。演目は「沙漠の商人」「信長」「釈迦」「ナザレのイエス」「卑弥呼」「ゴッホ」「吉田松陰」「龍馬」など40作。
上演回数は1400回を越える。また、企業をはじめ中・高・大学校での各種講演でも活躍。
異色の芸術家として注目を浴びている。

posted by テトラ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

ただ今の開催は『松島 明 染色展―染色60年記念―』

昨日からの雨で岡山も涼しい感じです。


ただ今の開催は『松島 明 染色展』なんとこの道一筋60年exclamation×2沢山の生徒さん達にも技術の伝授されていたようですが、現在は2名のお弟子さんに集中伝授exclamation×2

松島さんの作品も現在までのものをおよそ25点、お弟子さんの徳永ご夫婦の作品5点が並んでいます。

どれもほのぼの あったかーい染色作品。
2010 10  松島 明 染色展 010.jpg2010 10  松島 明 染色展 014.jpg




モチーフは動物、花、魚などの生き物や 幾何学的な作品も面白いるんるんるんるんるんるん中でも砂糖の結晶をイメージして作られたタペストリーは、染色の技術を駆使されてます。。。。。


2010 10  松島 明 染色展 003.jpg2010 10  松島 明 染色展 004.jpg



この展覧会は祭日11日 月曜日の午後4時まで

また 来年のこの時期に2011年バージョンに出逢える予定ですー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
posted by テトラ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

本日までとなりました『須藤克明 個展』

いっきに秋めいて…朝夕が涼しく、寒く感じられる今日この頃、、、、、

今回 5日間の展示になりました『須藤克明 個展―純粋美術 審美性を求めて―』

昨年のグループ展から 今回は初個展で展開しています。

現在 明誠学院高校の美術の先生。多くの美術の学校や世界へ送り出している先生です。。。。。
多くの生徒さん、教室の方もこらられました。

爽やかな空、雲を気持ちよく表現exclamation×2


2010 10  須藤克明 個展 006.jpg2010 10  須藤克明 個展 008.jpg

ギャラリーで大きな深呼吸が出来る展覧会でした。。。。。お客様 大満足るんるんるんるんるんるん

また 来年 素敵な作品が期待できます。
posted by テトラ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

ただ今の開催は『第2回 白桃会』

昨夜からの雨雷今朝も凄かったexclamation×2

ただ今テトラヘドロンでは『第2回 白桃会』開催中exclamation×2白桃会exclamation&question桃の品評会ではないですよexclamation×2全国組織の『白日会 岡山支部』から選抜された待望の若手作家を紹介する会『白桃会』るんるんるんるんるんるん今年はメンバーが1人増え、5人の構成です。では作品とプロフィールを紹介しましょう。。。。。


まずは全体の雰囲気から……

2010 9 白桃会 001.jpg2010 9 白桃会 004.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)奥田利勝プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)
1953年生まれ
1978年頃    二科展初出品(以後連続入選10回程度)
2003年     白日会初出品 初入選
          日展初出品  初入選
          岡山県美術展初出品 (以後入選5回)
2008年     白日会会友推挙
          岡山県美術展 奨励賞
2009年     白日会準会員推挙
          第1回白桃会(テトラヘドロン)
2010年     岡山県美術展 県展賞

IMG_0001.jpg  





ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)北川直枝プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
1985年   京都芸術短期大学 卒業
1987年   同大学 専攻科 修了
1994年   白日会 初入選
1997年   明日の白日会展に選抜される(’01・06・07・08・09・10)
2000年   岡山県美術展「奨励賞」受賞
2002年   日展 初入選(’04・05・07・08・09)
2003年   個展 (テトラヘドロン以降毎年)
2005年   岡山県美術展「県展賞」受賞、(’09)
2008年   白涛会に選抜される(’10)
2009年   第1回白桃会 (テトラヘドロン)(’10)

現在      白日会会員
        山陽新聞カルチャープラザ、他講師



IMG_0003.jpg




ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)黒明宗太 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)

1957年   倉敷市児島に生まれる
1977年   第1回日洋展出品(東京)
        第9回日展出品(東京都美術館)
1988年   第64回 白日会展出品(東京都美術館)
1994年   小説「七色の海」曽野綾子著 表紙装画
1995年   明日の白日会展出品(東京セントラル絵画館)
1998年   白壽会展出品
1999年   第1回新鋭作家選抜展(倉敷市立美術館)
2001年   作家が創る空間展/ギャラリーしおり(倉敷)
2002年   倉敷市文化連盟奨励賞受賞
2007年   「いきいき水彩画11」日貿出版社 執筆掲載
2009年   第41回日展出品

現在      白日会会員
        日本美術家連盟会員


IMG.jpg




ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)佐藤孝洋プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


1973年   浅口郡里庄町生まれ
1994年   ひろしま美術大賞展 佳作
        高知県展 入選
1995年   グループ「INDIVIDUALISTS」結成(現在16回)
1996年   高知大学教育学部 卒業
1997年   個展(里庄町立図書館)
1998年   個展(ギャラリーひらた・笠岡)
2000年   岡山県展 奨励賞
        しんわ美術展 奨励賞(津山)
2001年   しんわ美術展 努力賞(津山)
        白日会岡山支部展 支部賞
        平櫛バレエ公演舞台美術制作(以降毎年)
2002年   白日会展 入選
        個展(アートガーデン・岡山 以降毎年)
2003年   岡山県展 山陽新聞社賞
        グループ「呉越同舟」参加(以降全5回)
2004年   四国二期会オペラ舞台美術制作
2005年   岡山県展 地域奨励賞
        しんわ美術展 銀賞
        個展(ギャラリーひらた・笠岡)
        備陽美術協会参加 (以降毎年)
2006年   岡山県展 入選
        しんわ美術展 奨励賞
        岡山県美術家協会展(’07・09)
        素描展(アートガーデン)
2008年   岡山県展 県知事賞
        しんわ美術展 銅賞
2009年   尾道四季展 秀作
        昭和会展招待作品
        白日会準会員推挙
        岡山県展 山陽新聞社賞
        「シュガー5」展 (カフェZ・岡山)
        しんわ美術展 津島信用金庫理事長賞
        第1回白桃会 (テトラヘドロン)
2010年   白日会会員推挙
        明日の白日会


IMG_0002.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)椿 苑 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


1974年   岡山で生まれる
1997年   大阪芸術大学美術学科卒業
 
現在      白日会 会員
        岡山県展   委嘱

個展      

2002年   「椿苑個展」 (CELL GALLERY/岡山)
2003年   「椿苑個展」 (Art Garden/岡山)
2004年   「椿苑個展」 (期全堂美術/岡山)
2007年   「椿苑作品展」(ガレリア・アリエッタ・スペース ヴェーネレ/岡山)
        「椿苑作品展」(Art Garden/岡山)
2010年   「―こけのむすまで―椿苑展」 (奈義現代美術展)


グループ展

2003年   「現代作家の眼」アートウェーブ岡山・巡回展
                (ワコーミュージアム・勝央美術文学館・高梁市歴史美術館/岡山)
2004年   第3回「歴展」―message ten―(GINZA TANAKA HALL 4F/東京)
        第39回「昭和会」展招待作品(日動画廊/東京)
2005年   「eat=…」展 (gallery ARTE/香川)
2006年   「REAL×REAL」―real no jijyo― (勝央美術文学館)
        「素描展」  (Art Garden/岡山)
2007年   「JAMIN」展  (エスプリ・ヌーボー/岡山)
2008年   第5回「落合まちかど展覧会」6人展 (十字屋迎賓館・ギャラリー/岡山)
2009年   第1回「白桃会展」(テトラヘドロン)



受賞・推挙

1997年   「大阪芸術大学卒業制作展」    鍋井賞
2002年   第14回 「しんわ美術展」    グランプリ
2005年   第56回 「岡山県美術展覧会」  山陽新聞社賞
2006年   第57回 「岡山県美術展覧会」  奨励賞
        第16回 「白日会岡山支部展」  岡山支部賞
2007年   第58回 「岡山県美術展覧会」  岡山県教育長賞
        第83回 「白日会展」      一般佳作賞 会友推挙(東京都美術館/東京)
2008年   第59回 「岡山県美術展覧会」  山陽新聞社賞
2009年   第85回 「白日会展」      白日賞 準会員推挙(国立新美術館/東京)2010年   第86回 「白日会展」      会員推挙



2010 9 白桃会  椿苑 001.jpg



展覧会は27日月曜日 午後4時まで

天神山文化プラザでは『第20回記念 白日会 岡山支部展』開催中exclamation×226日 日曜日 午後4時まで 








posted by テトラ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

ただ今の開催は『大久保譲治 オオクボスミエ展』

6年ぶりですexclamation九州、佐賀県有田の『G工房』大久保譲治さんとオオクボスミエさんのご夫婦展を開催しています。

岡山では なかなか見ることの少ない白磁exclamation×2備前焼を中心につちもの、陶器が多い この地区に白磁がやってきました。

絵付けのない 全くの白exclamation×2exclamation×2exclamation×2
ろくろでひき 1点、1点ひねりが入る温かい器たちです。2010 9 大久保譲治 オオクボスミエ展 009.jpg2010 9 大久保譲治 オオクボスミエ展 006.jpg2010 9 大久保譲治 オオクボスミエ展 010.jpg

奥様 スミエさんは彫金での作品作り

すかし彫りという技法で細やかな唐草模様をくろもじやブローチ、リングなどに展開しています。

2010 9 大久保譲治 オオクボスミエ展 002.jpg2010 9 大久保譲治 オオクボスミエ展 004.jpg


また 新しい試みとして『カロート』『薬壺』とも呼ばれる骨壺をお二人のコラボレーションで制作しています。

2010 9 大久保譲治 オオクボスミエ展 014.jpg2010 9 大久保譲治 オオクボスミエ展 016.jpg

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)大久保譲治プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
1951年    北九州市に生まれ
1974年    多治見市陶磁器意匠研究所卒
         岐阜県 多治見市 幸兵衛窯 加藤卓男氏に師事
1985年    佐賀県有田町に『G工房』を開窯
2000年    オリジナルブランド『無作』を展開



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)オオクボスミエ プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
1950年    北九州市に生まれる
1971年    武蔵野美術短期大学 芸能デザイン科卒
         ディスプレー・ショーイングデコレーターとしていくつかの企業に勤務。独立。
1977年    竹久みちアクセサリー学院卒

         デコレーターとしてフリーになる頃からモノを作る事に強い関心を持ち、彫金制作を志す。
         「モノを作ることは、自分と向かい合うこと、自分を追求すること」と情熱を持って真剣にモノを作っている。


この展覧会は19日日曜日までるんるんるんるんるんるん14日休廊
posted by テトラ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

ただ今の開催は『廣中薫展 宇宙と休息 SPACE AND REST2』

鎌倉出身、画家でありイラストレーターの廣中薫さんの個展開催中exclamation×2
テトラヘドロンでは5年ぶり、2回目の個展です。

今回もこの暑さをぶっ飛ばす エネルギッシュな作品が29点並んでいます。

2010 9 廣中薫 展 004.jpg2010 9 廣中薫 展 012.jpg2010 9 廣中薫 展 007.jpg

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)廣中 薫 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

鎌倉生まれ/画家・イラストレーター
多摩美術大学 絵画科油絵専攻(現代アートコース)卒業

多様なメディアにてアートワークを制作
今までに、NHK“たった一つの地球”オープニング映像、白水社“ふらんす”表紙、細野晴臣オムニバスCD“CARAMEL PAPA”表紙、オレンジページ・インテリア表紙、スターバックス・コーヒーweb映像、朝日新聞社季刊“クラリス表紙、鎌倉市民プール50周年記念壁画、などがある

国内外、個展グループ展多数、ワークショップ・企画展なども開催
2010.3〜神戸芸術工科大学 デザイン学科ビジュアルデザイン学部 准教授
東京イラストレーターズソサエティ会員

岡山では
フリーペーパーkrashjapan創刊号表紙、シンフォニーホール展示、朝日カルチャーセンター講師など


明日6日月曜日 午後4時まで
廣中パワーを感じに来てくださいー(長音記号2)るんるんー(長音記号2)お待ちしてます。。。。。

posted by テトラ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。