2011年10月20日

ただ今の開催は『中島淳一 個展vol.20』

毎年 恒例の 中島淳一さんの個展を開催中です。今回で20回目。

テトラヘドロン最初の頃は年2回ペースで個展を開催してました。作品もどんどん変わられて 最初は繊細な水彩画から 現在はダイナミックな筆使いのアクリル画に。

2011  10 中島淳一展 003.jpg2011  10 中島淳一展 015.jpg2011  10 中島淳一展 012.jpg


また 18日火曜日は 毎回前夜祭として 独り芝居も演じていただきました。
今回の演目は『釈 迦』1時間の自作自演の 中島さんに皆さん酔いしれていました。
その後は 中島ご夫妻を囲んでのパーティ この時間を楽しみにおいで頂いているお客様も増えてきました。
作家と共に 呑んで食べて 会話して…終了は12時。濃い長い1日終了です。


2011  10 中島淳一展 019.jpg2011  10 中島淳一展 020.jpg

CDは現在までの独り芝居や講演品々です。およそ80種類の演目があります。

来年は 『坂本龍馬』決定!     中島淳一演じる龍馬はいかに!


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)中島淳一プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

劇団エーテル主宰・画家
1975〜76米国ベイラー大学に在学中に英詩を書き、絵を描き始める。ホアン・ミロ国際コンクール、ル・サロン展などに入選。日仏現代美術展、クリティック賞(1982)、ビブリオティック・デ・ザール賞(1983)。スペイン美術賞展、優秀賞(1983)。フェレンツェ芸術祭展、地中海芸術賞(1996)。パリ・マレ芸術文化褒賞(1997)。ARTEC・カンヌ、欧日芸術振興賞。アートブランドエクティ大賞。フェレンツェ美の奇跡展、リッカルド・アマディ芸術大賞(1997)。ブリアン・デュ・ソレイユ賞(1998)。日伊文化親善金華褒賞。ベルサイユ祭、アーティスト賞、ベルサイユ市芸術名誉市民(1998)。日仏現代美術博、フランス芸術学士院理事長認定作家メダリスト。国際芸術交流展神戸、CEPAL(ヨーロッパ芸術文化振興協会)金賞(2010)。カンヌ国際栄誉グランプリ銀賞(2010)。スペイン・バルセロナ国際サロン展、国際銀賞(2011)。

詩集「愁夢」英詩集「ALPHA&OMEGA」小説に「卑弥呼」「木曜日の静かな接吻」エッセイ集に「夢は本当の自分に出会う日の未来の記憶である」がある。

1986年より脚本・演出・主演の独り芝居を上演。演目は「沙漠の商人」「釈迦」「孔子」「空海」「親鸞」「龍馬」「吉田松陰」「信長」「卑弥呼」「羅生門」「耳なし芳一」「ゴッホ」「チンギス・ハーン」「ハムレット」「マグベス」「オセロ」「アントニーとクレオパトラ」「オイディプス王」など40作以上。上演回数は1400回を越える。
また、企業をはじめ中・高・大学校での各種講演でも活躍。異色の芸術家として注目を浴びている。


展覧会は24日 月曜日 午後4時まで。


HPアクセス  www.j-nakashima.jp
posted by テトラ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231330895
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。