2011年06月26日

ただ今の開催は『草場一壽 陶彩画シルクレ展』

今回が2回目になる『草場一壽 陶彩画シルクレ展』です。

陶彩画は陶板に様々な釉薬を塗り重ね、十数回の焼成を経て完成する芸術作品。選び抜かれた職人達の技法は華麗かつ繊細です。その神秘的な色合いは二つと同じ物が無く「奇跡の輝き」と賞賛されています。

さらに今回は陶彩画の世界観をより多くの皆さまにお届けできるようにとシルクスクリーンに研究を重ね、「陶彩画シルクレ」が完成しました。

是非 比較して見ていただきたい作品達です。


2011  6  草場一壽 陶彩画シルクレ展 001.jpg2011  6  草場一壽 陶彩画シルクレ展 002.jpg



2011  6  草場一壽 陶彩画シルクレ展 005.jpg2011  6  草場一壽 陶彩画シルクレ展 006.jpg2011  6  草場一壽 陶彩画シルクレ展 010.jpg


また 小学校の教科書の道徳の時間に使われている 「いのちのまつり」の絵本は草場さんが文章を書いています。

絵本の二作目の「つながっている」三作目の「おかげさま」も好評発売中です。

2011  6  草場一壽 陶彩画シルクレ展 013.jpg2011  6  草場一壽 陶彩画シルクレ展 014.jpg2011  6  草場一壽 陶彩画シルクレ展 015.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)草場一壽プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1987 有田に入り新しい技法「陶彩画」の模索と研究を始める。
1990 絵付けと焼成を幾度となく繰り返しながら色を出す新技法を確立。
1991 工房 今心を開く。博多全日空ホテルにて初の個展。
     日本最大となる20m陶壁画『鎮守の祭』を制作。(佐賀県山内中央公園)
1992 仏教美術の原点を探してインドへ遊学する。
1993 国際工芸美術展出品。矢山利彦著書『気の人間学』表紙絵。
1995 中国敦煌芸術院との交流を始める。NHKテレビ『炎と生きる』で紹介。
1996 「アイ リベンバー ユー」が、映画「人間の翼」のポスターに採用。
     世界EXPO世界炎の博覧会出品。
1998 中国敦煌莫高窟、西千仏洞、楡林窟の非公開の壁画、塑像を視察。
     敦煌芸術院院長を表敬訪問。
2001 米国シアトルマリナーズのトレーナールームに陶彩画『水の菩薩』が飾られる。
2003 陶彩画『imagine blue』草場一壽・弥生展を熊本・大阪・鹿児島・長崎・名古屋・東京にて開催。
2004 いのちの大切さ、尊さを広める絵本『ヌチヌグスージ(いのちのまつり)』を発表。
2005 モンゴル大統領に「大調和」を献上。
2007 絵本『つながっている!いのちのまつり』を発表。
2008 『ギャラリー真名井・東京』をオープン。
2009 2月14日陶彩画作品集『観音カード』を発表。
2010 絵本いのちのまつりシリーズ第3弾「おかげさま」を発表。


テトラヘドロンでは明日27日 月曜日 午後4時まで開催。


この後の草場さんの予定は7月金沢・冨山  9月仙台・盛岡  10月名古屋  11月大阪・京都
・神戸  12月福岡の予定です。

詳しい内容は 真名井  http://manai.co.jp をご覧ください。

posted by テトラ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211955753
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。