2009年12月12日

14日迄開催中は『佐藤 定 油彩展』

毎年恒例の『佐藤 定 油彩展』お誕生日11日を記念して 展覧会は毎年続いています。ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
今回も代表作品のコンサートをはじめ、備中神楽、ロシアの風景、サーカスなど24点が並んでいます。

独特の色の世界とタッチ、ファンも多い‥‥佐藤さん。

2009 12  佐藤定 油彩展 003.jpg2009 12  佐藤定 油彩展 008.jpg2009 12  
佐藤定 油彩展 006.jpg









ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)佐藤定 プロフィール

1958年   岡山大学卒
1962年   塩津誠一に師事
1967年   教職を去り人間関係が飛躍的に拡大する
1968年   ソ連・シルクロード一人旅
1969年   藤森成吉、小牧近江両作家の知遇を得る
1972年   行動美術に出品を始める
1974年   行動美術展を岡山へ誘致
1977年   行動美術賞を受賞。会員に推挙される。
1978年   安井賞展 出品
1982年   『岡山の昔話』に執筆参加
1983年   作家・藤原審爾主催「人間講座」に参加
        藤原氏の遺志に従い「講演」を各地で始める
1984年   安井賞展に再出品
1997年   友人 青木雄二のマンガ《さすらい》のモデルになる
2000年   絵本《蚕のおくりもの》を長女小田由紀子と共同製作
        出版文化賞を受賞
2001年   《蚕のおくりもの》演出家佐藤淑子氏によりミュージカルとなり上演させる
        バイオリン界の巨匠 アテフ・ハリム氏と親交が始まる。氏の芸術感・哲学に深い共感を覚える
2004年   『間島の夕映え』山陽新聞社連載 ドキュメンタリーの挿絵を担当
2006年   「平和憲法を護る美術者の会」に参加
2007年   広島アンデパンダン展に参加
2008年   小田由紀子のエッセイ《暴走じいちゃん》のモデルとなる
        同著は》グランプリを得てさいたま市から出版

        ‥‥‥子供たちの為の紙芝居制作も多数‥‥‥

現在      行動美術協会会員   日本美術家連盟会員


posted by テトラ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。