2010年11月26日

第4週目がスタートしました!

20周年記念吉備高原学園高等学校OB・OG展も最終週 4週目に入りました。

最後を飾るのは  ガラス/石田 彩さん    備前/松島 健治さん

繊細なガラスとダイナミックな備前焼との展覧会です。2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 001.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 003.jpg


まずは 石田 彩さんの作品からご紹介しましょう。。。。。

石田さんの作品は厚めに吹いたガラスを削り込んでいく大変時間のかかる作業工程です。

2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 018.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 017.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 023.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)石田 彩 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1999 倉敷芸術科学大学芸術学部ガラスコース卒業
     「ガラス工芸ー歴史と現在ー」岡山市オリエント美術館
     「古代ガラスの技と美」瀬戸市新世紀工芸館(愛知県)古代オリエント博物館(東京・池袋)
2001 「ガラス工芸―歴史と現在―」岡山市オリエント美術館
2002 グループ展 工房IKUKO(倉敷)’06.’08
2003 第16回国際ガラス史学会参加(LONDON,UK)
2004 個展ギャラリーやぶき(岡山市’06,’08’,’10)
2005 個展工房IKUKO’07,’09
2007 Sasanian Cut Bowlの複製制作(大英博物館、UK)
2009 個展ギャラリー田中(東京・銀座)
     グループ展ギャラリー天心(兵庫県)
2010 2人展ギャラリー田中(東京・銀座)



続いて松島さんの作品。
松島さんは 備前と長船町の土にこだわって制作。大胆にも使いやすく、口や底など細やかな配慮が優しさを感じます。

2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 007.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 004.jpg2010 11  吉備高原高校3  石田 彩&松島健治 010.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)松島 健治 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

2002 倉敷芸術科学大学芸術学部陶芸コース卒業
千葉県の土の研究員として行く
2004 東京・池袋にて個展
2005 岡山県にて備前焼を修行
2006 作業場を瀬戸内市長船町に移す
2007 岡山県展入選



20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展も今月29日(月)午後4時で修了

長かったような短かったような1週・1週奥深い思い出に残る展覧会です。
まだご覧になっていない方 是非吉備高の卒業生のエネルギーを感じてください。。。。。

また 数年後の作品を見てみたいテトラでしたるんるん




posted by テトラ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

3週目に入りました『20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展』

<早いもので、3週目に入ってしまいました。『20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展』

今回は』part3ということで『備前・瀧川卓馬さん & 陶器・石川親也さん』2期生の展覧会です。



2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 020.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 026.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 005.jpg


今週も個性溢れる展覧会になってますよ。



まずは瀧川さんの作品紹介。。。。。

備前焼でも細工物と言われる作品が得意な瀧川さん。その中に個性が光りますね。。。。。

2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 003.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 013.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 015.jpg


最初の写真の猫の水滴も瀧川さんの作品です。ドクロはちなみにぐい呑み&箸置きに分かれるのであります。   なかなか面白い作品を作っている瀧川さん。次の作品が楽しみです。


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)瀧川卓馬プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1977 神戸市に生まれる
1995 吉備高原学園高校卒業
1999 倉敷芸術科学大学卒業
2002 備前焼作家 島村光先生に師事






次は 石川親也さんの紹介。

石川さんは備前焼と違って釉薬物 織部や灰釉を使った作品を展示しています。織部の色は綺麗ですね。また 大皿の絵付けは勿論 本人の作。
釣り大好きの石川さんは、作品を魚拓ではなく捕った魚を絵に描いてしまうユニークな大皿がならんでますよ。

2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 024.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 023.jpg2010 11  吉備高原高校3  瀧川卓馬&石川親也 019.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)石川親也プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1999 倉敷芸術科学大学芸術学部児島塊太郎研究室卒業
     児島塊太郎先生に師事
2001 同大学院修了
2002 同大学院研究室修了
天親窯を築く
2003 加計美術館第2回倉敷芸術科学大学芸術学部卒業生展「young oh!oh!」に出展
2006 五日市福屋にて個展
2008 陶志会を結成、加計美術館「陶志会展」
2009 第63回姫路市美術展姫路市文化振興財団賞受賞




瀧川さんは毎日3時まで、最終日は不在。

石川さんは21日(日)22日(月)在廊    時間は確認してください。

(086-223-3155 当ギャラリー)

展覧会は22日(月)午後4時まで……exclamation





 
posted by テトラ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ただ今の開催は『20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展 Part2』

吉備高原学園高等学校 20周年記念行事として開催されている OB・OG展も2週目に入り 2週目後2日exclamation×2
今回のメンバーは   陶器/境 道一さん &  備前/大石橋 宏樹さん


どちらも1期生で思い出深いお話が聞こえてますexclamation×2仲間達がやってくるexclamation×2先生、ご父兄 在校生などなど なんと濃〜い、密度ある学校かと嬉しく思います。。。。。


まずは作品紹介‥‥全体イメージから‥‥‥るんるんるんるんるんるん2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 001.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 024.jpg


今回 元PTA会長の奥様(テーブルコーディネーター)から素敵に演出していただいて 秋の風情一杯の展開になってます。



陶器/境 道一さんの作品

2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 014.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 015.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 033.jpg


今は長野県須坂市に窯を築いて頑張ってます。焼き締め、釉薬物などバラエティに富んだ釉薬、造形は見る人を楽しませてくれます。


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)境 道一 プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


1975 長野県に生まれる
1993 岡山県備前陶芸センター入学
1994 同校卒業
     備前焼作家 正宗悟先生に師事
1997 長野県須坂市に穴窯築窯
     以降、県内外にて個展・グループ展を中心に作陶




大石橋 宏樹さんの作品るんるんるんるんるんるん

2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 021.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 020.jpg2010 11  吉備高原高校2  境 道一&大石橋宏樹 005.jpg

現在 備前に窯を築き、頑張ってます。。。。備前焼ならではの焼き締めの世界、炎の芸術作品をじっくりご覧いただきたいと思います。


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)大石橋 宏樹プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


1973 東京都に生まれる
1994 吉備高原学園高校卒業
1998 帝京大学法学部卒業
同年(故)藤原雄先生、和先生入門
2009 独立、築窯
     天満屋岡山店にて初個展
     現在、備前陶心会会員
     吉備高原学園高校非常勤講師
     啓明学院中・高等学校陶芸講師


いよいよ明日までとなりました 第2週目  境さん、大石橋さんは会期中在廊   
エネルギッシュなお二人に会いにきてくださいね。

15日(月)午後4時まで開催るんるんるんるんるんるん




posted by テトラ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

ただ今の開催は 創立20周年記念 吉備高原学園高等学校OB・OG展 

この度 テトラヘドロンは4週間に渡り 岡山にある吉備高原学園高等学校の卒業生 OB・OG展を開催してます。

第1週目は 明日9日迄ですが 備前・鯉淵亮太 &  木工芸・土本恭義  2人の作品展を開催してます。

吉備高原学園高校は 全国から集まってくる高校で男女共学の全寮制の高校です。現在は陶芸デザインコース・生活デザインコース・情報システムコース・クラフトデザインコース・健康スポーツコース・福祉ボランティアコース・緑化システムコース・インターナショナルコース・(新設)キャリアデザインコースと9つのコースがあり、それぞれの分野で勉強し、専門や大学に進み、プロとして活躍している卒業生がたくさんいます。


今回は20周年記念として8名の作家を4周にわたり紹介。。。。。
2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 002.jpg2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 020.jpg



ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)鯉淵亮太プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)
1975 千葉県に生まれる
1991 吉備高原学園高等学校 陶芸コースに入学
特別講師(故)藤原雄先生長男藤原和先生の工房にて窯焚き等研修参加
1994 人間国宝(故)藤原雄先生・藤原和先生に師事
1年間住み込み勉強
1995 倉敷芸術科学大学芸術学部陶芸科入学
1999 備前陶芸南燦窯入社
2010 現在に至る

2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 012.jpg2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 014.jpg


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)土本恭義プロフィールー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

1976 福井県に生まれる
1994 吉備高原学園高等学校卒業
1997 香川県漆芸研究所卒業
家業の伝統木工芸組子指物の修行を始める
福井県総合美術展入選(漆芸)
1998 福井県総合美術展知事賞受賞(漆芸)
1999 福井県総合美術展県文化協議会賞受賞(漆芸)
2010 石川の伝統工芸展入選(木工芸)


2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 004.jpg2010 11  吉備高原高校1 鯉淵亮太  土本恭義 007.jpg



2人の展覧会はいよいよ明日までですが、この後も6人続いていきます。
お楽しみにるんるんるんるんるんるん
posted by テトラ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。